Mykoちゃん、Cたん


HOME > 

なんと売り上げが約10倍に! 梨花の美肌を作ったマンゴーゼリーとは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.10.31|iwamura

いや~、最近冬に近付いてきたせいか、肌が乾燥しますよね~!私も乾燥肌なのでこの時期は大変なんです!

(俺は女か!(笑))

しかし、乾燥肌が気になるのも事実!そんなお悩みの方の為に、こちらをおススメ致します!

ロイヤルコラーゲン マンゴーゼリー」です!

友人に使っている人がいたので、1個貰ってみました。

なかなか美味しいですよ!

こちらの新CMになんと梨花さんが!!詳しくは以下をチェック!

携帯美容食「ロイヤルコラーゲン マンゴーゼリー」のCM制作発表会が、10月27日、都内で行われ、CMキャラクターを務める梨花が登場した!!

ネット通販ショップ「レックオンラインストア」にて、ことし10月より発売を開始!

時間に追われ忙しい仕事の間でも化粧ポーチやカバンに携帯し、いつでもどこでも手軽に食べられる美容食として支持を集めてきた。

梨花が自身のブログ上で愛用しているとして紹介したところ、売り上げが約10倍に!!

その縁をきっかけに、CMキャラクターへの起用が決まった!!

こちらが新CM!

梨花は、「メイクさんに頂いて初めて”ロイコラ”を食べて、翌日に肌がすごくプルっとしたので『これはヤバ~イ!』と思って、それから取り寄せる様になりました」と、ロイコラとの出会いを語り「本当においしくてデザートみたい。

1日に1、2袋しか食べちゃいけないんですけど…4本食べてしまったこともあります」と明かし、笑いを誘った。

また、「冷蔵庫で冷やして寝る前に食べると、翌朝お肌がプルっとします」と自身の食べ方を伝授。

「私は乾燥肌なので、半身浴をしたり水分を取ったり、まめにクリームを塗って保湿しています。日々の積み重ねが大事」と、美肌の秘けつを明かした。

引用元:テレビジョン

また、こちらの会見の最後に「自分に自信を持てないと毎日が楽しくなくなってしまうので、努力を怠らずに自分を磨いて、自信を持って日々を楽しみましょう!」と女性たちへエールを送った!

結婚しても相変わらず人気の梨花さん!小生も好きです・・・。

冬の乾燥やお肌気になる人は是非是非こちらのゼリー食べてみてください!

では、また来週~!

ある天才ゲームクリエイターの背中~稲船敬二氏に想う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.10.30|iwamura

稲船敬二さん、いわずとしれたゲームクリエイターの帝王です。カプコンの「ロックマンシリーズ」は、ショーネン時代に、男子ならば誰もがプレイしたゲームではないだろうか。

稲船 敬二(いなふね けいじ、1965年5月8日 – )は日本ゲームクリエイターキャラクターデザイナー。『ロックマン』シリーズや『鬼武者』シリーズなどを手がけた事で有名。現在カプコン常務執行役員兼「開発統括編成室長」兼「第二開発部部長」および株式会社ダレット代表取締役社長。多くのゲームのスタッフクレジットにおいて「INAFKING」という名前を使う。

初仕事は1987年の『ストリートファイター』だった。その後『ロックマン』のキャラクターデザインを担当。その後、その2作品のキャラクターはカプコンの中心的キャラクターとなり、稲船自身は『ロックマン』シリーズのディレクションを担当するようになった。また、『バイオハザード2』、『鬼武者』、『ロックマンエグゼ』シリーズのプロデュースも担当し、大ヒットを記録した。

wikipediaより抜粋(部分略)

う~ん。「神」ですな。お世話になっております。

そんな彼の退職が昨日電撃発表され、それと同時に、退職に際して、彼が心の内を叫んだインタビューがリリースされていた。

元ゲーム会社で働いた者として、あまりにも無視できない内容であったため、ここに一部抜粋したい。

稲船氏:
ありがとうございます。でももう僕はカプコン辞めるんですよ。

4Gamer:
……え?

稲船氏:
ええ,僕はカプコンで仕事したいですよ。でも,なんていうか……事実上仕事が出来ない状況になってしまったんです。

4Gamer:
何か問題が起こっていたんだろうというのは,各種の発言やブログエントリからも容易に想像はできていましたが,一体何がそんなに問題になったんでしょうか。

稲船氏:
辞めるという話はそもそも,ゲーム業界自体を変えなくてはいけない,と思ったからです。日本のゲーム業界がいまぶつかっている非常に大きな壁というのは,クリエイターのサラリーマン化なんです。

4Gamer:
言わんとしていることは理解できる気はしますが,細かく教えてください。

稲船氏:
家庭用ゲーム業界というものは,まぁ大体マリオからスタートみたいな感じですよね。なので,だいたい25年前から始まった,と。そこから順調に発展し続けて,いまちょうど息継ぎの状態だと思うんです。

4Gamer:
なるほど。

稲船氏:
で,当時……そうですね,大体20歳くらいで,熱い志を持ってゲーム業界に入った人たちが,いま45歳前後です。要するに僕の歳ですね。その世代が,よくも悪くも業界の足を引っ張ってると思うんです。
当然,がんばってる人たちだって大勢います。でもそうじゃなくて,単に長くいるからと地位だけどんどん上がって,その地位の中で,高い給料と聞こえの良い役職が保証されてぬくぬくと生活して,アグレッシブさを失っている人たちも少なからぬ数いるわけです。

むむむ。

むむむむむ。

企業のグローバル化が進む中で、年功序列の弊害はどの業界でも例外を見ず叫ばれる昨今だが、特に先進的なゲームの世界は、もっともそれが目に見えて出ちゃう世界だったのだろうか。

そして、辞める話をしたときの、会社の対応について。

稲船氏:
僕が「辞めます」って辞任意志を表明して表を出しても,誰も接触してこないんですよ(笑)。普通「ちょっと稲船時間とってよ」とか「どういうことだ。本音を聞きたい」とかあるじゃないですか。まったくなし。ゼロ。

4Gamer:
……冗談ですよね。

稲船氏:
いやもちろん,現場のスタッフからは「やめんといてください」ってありがたい言葉をかけられましたけど,なんていうかマネージャクラスというか「それなりの力がある人」というか,そういう人は,普通は辞めるといい出した人を引き留めたり話をしようとしたり真意を聞きだそうとしたりすると思うんですけどね。

4Gamer:
うーん……。

稲船氏:
まぁ正直なところ,それ自体は別にいいんです。予想はしてました。しかし,ゲームを作って売ることがほとんどビジネスのすべてだといってもよいこの会社において,「開発」が会社の最重要のポイントであることは考えないといけないと思うんです。

彼の「開発する側」からの辛らつな発言や的を得過ぎたコメントが経営陣の耳に痛かったのか。

ただ、「経営する側」としての、開発への厳しいコメントもまたしているんだこの人は。この時に血の繋がった親父のような愛あるバランス感覚がすき。

声高に意見する孤高のライオンの今後。

まずは海外デベロッパ(外部委託の独立制作会社)を使ってゲームを作りたいと語ります。

4Gamer:
外部開発会社の優位性は理解できましたが,なぜ意図的に海外なんですか? コスト以外の理由もありそうですが。

稲船氏:
優秀だからです。

4Gamer:
技術力がですか?

稲船氏:
そう。あとなんていうかパッションみたいなものもはるかに上ですね。その理由のほうが大きいかもしれません。海外のデベロッパは,日本より遙かに細分化されていて,下のほうなんか,言葉が悪いですがほとんど奴隷ですよ。いつレイオフされてもおかしくないという雇用状況で,とにかく言われたことをキチンとこなして,頭角を現せるように努力して,上のほうに這い上がっていく。

4Gamer:
日本に根深く残る終身雇用制度と違って,自分達の成功や失敗が「直接」自分達に返ってきますからね。そりゃモチベーションも違うというものです。

いいですねぇ。海外デベロッパは「ギラギラしてる」と。

下もあるけど、上もあると。

そんな海外デベロッパと仕事をして、彼が成し遂げたい夢。それは日本ゲームの「グローバル化」だった!

稲船氏:
確かに難しいです。でもだからこそメリットがあるわけですよね。人が出来ること,人と同じことやってたって仕方ないじゃないですか。

4Gamer:
その状況でグローバルを目指す必要性というものを,いま一度改めて教えてください。

稲船氏:
マーケットがそれを求めているからです。日本のゲームシェアは10%しかないんです。数字が明確に物語っています。大量のお金を投下する作り方をする限りもはや海外で稼ぐしか,回収の手法はないんです。
なのに日本のゲームは,海外ランキングベスト50の中に,任天堂以外ほとんど入っていません。それがとても悔しいんです。だから絶対にグローバルで日本のゲームを認めさせたいと思ってますし,それが自分の使命でもあると思っています。


やはり、この人も世界を見ていた。

25年前から、沸きに沸いたこのゲーム業界。

第一幕が終わり、これから第二幕が始まるんでしょうね。

個人的には、ちょっと前のITバブルの黎明期って、実はファミコンゲームが儲かった時代だったと思っていて。

儲かったんですよ。当時は。小生が勤めていた会社も、120人で600億とか稼いでいた。営業は10人足らず。利益率は当時のアコムさんより高くて、東京都渋谷区で2番目に税金を納めていたなあ。。。

当時、みなが熱狂した業界。最も面白い人材が集まったろう業界。

ITバブル、0世代。ゲーム業界、第一幕。

そして、そこで遊び疲れて老人になっちゃった人もいれば、ショーネンのまま、また虫かご持って、走りだしちゃう男がここにもまた一人。

似たような友人が周りに沢山おります。

ムギ茶飲みかけで走って遊びに行っちゃうタイプの人(笑)。

男のロマンだし、勇気ある闘いだと思う。もちろんカプコンさんの重役さんの意見も聞いてみないとフェアじゃないけれども、弊社としても全面的に支持、応援したい、カッコイイ男の熱きインタビューでした。

お時間ある方はぜひ。

※稲船敬二氏は,何を思い,何を考え,何を目指してカプコンを辞めていくのか。渦中の氏に直撃インタビュー

http://www.4gamer.net/games/084/G008467/20101029004/

稲船敬二氏は,何を思い,何を考え,何を目指してカプコンを辞めていくのか。渦中の氏に直撃インタビュー

2015年、日本ではテレビの4台に1台が"3D"に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.10.29|shiozawa

最近、3Dテレビという名前をよく耳にするかと思います。

そんな3Dテレビですが3D専用メガネをしないと3Dとしてみる事が出来ませんね。

しかーし、そんなわずらわしい3Dメガネがいらない3Dテレビが発売されるそうな!

裸眼で3D視聴が可能なグラスレス3Dテレビ「REGZA GL1シリーズ」を、東芝から12月下旬に発売される。

12インチの小さいサイズから

56インチの大きいサイズまで

引用:マイコミジャーナル

ちなみにこちのグラスレス3Dテレビは今年のCEATEC JAPAN 2010

東芝ブース公開されたようだが私の友達はこれを見るだけになんと“3時間

待ちだったそうな!!

よーく考えてみれば3D映像自体は昔からありましたね。

私は小学3年生の時に“大宮ソニックシティ”の映画館で恐竜の映画を見たのが

3D初体験。

“大宮ソニックシティ”

あの時の感動といったらもう・・・。 今でもよく覚えてます。

そんな感動が今では自宅で出来る時代。 技術の進歩には驚きです。

実は東芝だけではなく

シャープからもグラスレス3D液晶ディスプレイがすでに発表されたようでこちらの

ディスプレイが子供たちに人気の“任天堂”からも

今年度中に発売を予定している3D映像ポータブルゲーム機ニンテンドー3DS(仮)」への採用が有力視されています。

との事。

そんな今注目の3Dテレビですが今後の動向予測としては

家庭用2Dテレビと3D対応機器の市場動向予測(国内)

引用:RBBTODAY

なんと2015年には日本の5台に1台が3Dテレビに。。。

2015年は4年後。あっという間ですね☆

今年がバーチャル時代の幕開けとなったのでしょうか!!

映画“マトリックス”のような世界がちょっと近づいたように感じるShioでした☆

ありがとうございます。

Miles Davisのトランペットは本当に泣いているか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.10.28|iwamura

今週、2010年では最高となる動画ブックマーク数をされていたyoutubeがあったのでご報告。

早稲田の学祭からのヒトコマ。

カッコイイゼ。森田一義

音楽は、主にジャズを好む。早稲田大学第二西洋文学部在学中における実績があるほか、植草甚一の死後、遺品整理をしていた高平哲郎の仲介で、植草のレコードコレクション約2000枚を約100万円で買い取っている[46]。自身も『森田一義』本名名義で早稲田大学応援歌『ザ・チャンス』の作詞を担当したり、トム・O・リーの名でトランペット演奏のレコードを出す他、THE SQUAREのアルバムのレコーディングに参加するなどの音楽活動も行っている。

wikipediaより抜粋

谷啓さんも、ドリフもそうなんだけど、さりげに音楽が芸能活動のベースにあるってカッコイイよな。

つーか、「トランペット」は文句なしに渋い。オトコの楽器だと思うのだ。

タモさんはトランペットの帝王「マイルス・デイヴィス」を敬愛していたが、トーク番組(インタビュー)でこんな緊張してガチガチのタモさんは近年見られないので、お時間ある方はどうぞ。

しかし、確かに

マイルスのトランペットは泣いているが、お前のトランペットは笑ってる。」(赤塚さんかだれかに言われたはず)

は、そうかもしれないですね(笑)。

そんなタモリさん「笑うトランペット」に対して。「泣いているトランペット」の件。

演歌なら、小生は八代亜紀を置いて他には考えられない。

究極は、涙を流して感動したいから、音楽を聴いたり、絵を見たりっていう、芸術活動があるんだと思う。「泣くぐらい、カッコイイ。が聞きたい。

もちろん、演歌のようなソウルフルな響きとはまた別モノとしても、「JAZZなんてオッサンの音楽だろー」「カッコつけやがってオヤジどもが」というイメージをJAZZにお持ちの諸氏へ、「初めてのJAZZ」なら。

タモさんも敬愛する、泣きの帝王「マイルス・デイヴィス」先生のトランペット、こちら

※「初めて」は、「超一流」から入れば絶対失敗しない。

ヤバい。ヤバすぎる。

上記動画見て、時間まだある人は、ほぼ日の以下特集が、面白いかもしれない。

はじめてのJAZZ。山下洋輔×森田一義×糸井重里

少女時代、30年ぶり快挙!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.10.27|iwamura

10月20日にセカンドシングル「Gee」を発売したアジアNo.1ガールズグループ・少女時代!!

※少女時代とは

「少女たちの時代が来た。(소녀들의 시대가 왔다)」という意味で、歌手活動の他、映画俳優タレント等様々な分野で活躍する多彩多能な10代のメンバー9人で構成、韓国はもちろんアジアをも席巻するという抱負を持って誕生したグループである。

一部のメンバーは中国語ができ、他にも英語日本語ができるメンバーもいる。

衣装やメイクも専門のイメージ・アドバイザーの意見を積極的に活用して、国際的展開を常に視野に入れている。

引用元:wikipedia

「Gee」はオリコンランキングにおいて初登場2位を記録!!

海外女性グループによるシングルのトップ3入りは、イギリスの5人組姉妹グループ・ノーランズが「ダンシング・シスター」(1980年7月発売)で1980年12月1日付ランキングの2位に入って以来約30年ぶり史上2組目の快挙で、アジアの女性グループ(日本を除く)としては史上初の記録となった!!

こちらが「Gee」です!

少女時代は、今年9月に発売したシングル「GENIE」で日本デビュー!!

※GENIE

同作では海外女性アーティストのデビューシングルの最高位記録となる4位を記録!

続くセカンドシングル「Gee」は初動セールス、ランキング共に前作を上回るスタートとなった!!

また「Gee」は同日20日に配信を開始した着うたフル(R)着ムービービデオクリップもそれぞれレコチョクデイリーランキング1位を記録している!

いや~、素晴らしいですな!

歌やダンスはもちろんの事、なんといってもこの「美脚」!!

こちらが男女ともに支持を集める理由でございます!

今後も少女時代から目が離せません!!

こちらのブログでは随時情報をアップしていきますので、是非チェックしてみてください!

では、また来週~!

1 2 3 4 5 6 7


Goods工房.comをオススメする理由

無料サンプルのお申し込みはこちら

カテゴリ

アーカイブ

お電話でのお問い合わせ
03-6277-3248 / 営業時間 10:00~18:00
フォームでのお問い合わせはこちら

いいね!を押してお得な情報をゲット!Facebookページ