Mykoちゃん、Cたん


HOME > 

今年もNFLの季節がやってまいりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.09.02|umiushi

皆様こんにちは、ゾンビのようによみがえりましたumiushiです。当ブログでは社長の次に古参なのですが、最近色々ありまして登場しませんでした。

 

さて早速ですが、表題のように今週末からアメリカンフットボールの本場NFLがシーズン開幕となります。過去にも何度かご紹介しましたが、今年はシーズン開幕前に触れることで、NFLファンが増えるといいなあ、などと思っております。

Carolina Panthers v Washington Redskins

 

詳しくは過去の記事をご覧いただきたいのですが、今回はさわりだけわたくしが駄文を書き連ねる次第です。

 

NFLは全32チームからなっております。MLBより多いですね。

 

NFC(ナショナルフットボールカンファレンス)とAFC(アメリカン以下略)のいわば2リーグ制となっていますが、交流戦的なカードも毎年組まれております。

 

各カンファレンスはそれぞれ東西南北の地区に分かれており、各地区4チームです。分かりやすいですね。

 

レギュラーシーズンは17週で、うち1週はお休みですので、年間計16試合を行います。

 

野球やバスケ、ホッケーに比べると少ないような気がしますが、あまりにハードな競技なので週に1回しか試合できないらしいです。

 

ルールも過去記事をご参照いただきたいのですが、すごく分業されてて一回だけ前に投げていいラグビー、といったところでしょうか・・・

(実は経験者じゃないので的確なたとえができますかどうか)

 

かなりフクザツなルールなので、観ながらだんだん覚える感じでいいかと思います。

タダ(?)で観るならNHKのBS1、そのほか日テレGなんかで精力的に放送されます。

 

————————————————–

 

それにしても32チームもあったりして、何かとっかかりがあったほうが見やすいですよね?

 

というわけで(どういうわけだ)今回はいくつかのチームを先入観丸出しでご紹介したいと思います。

 

グリーンベイ・パッカーズ(NFC北)

グリーンベイ、というのは五大湖周辺の人口10万人くらいの都市でして、社長(と僕)を生んだ長野県飯田市くらいの規模なわけですが、

 

そこを本拠とするパッカーズはいわゆる日本シリーズ的な頂上決戦、スーパーボウルの初代・二代目続けて王者という伝統のチームです。株主が市民なので、非常に広島カープ的なんですが、強い。強い理由はチームの司令塔たるクォーターバック(QB)

AaronRodgers89

アーロン・ロジャース

 

「現在最高のQB」と呼ばれたりするからですね。僕も思わずパッカーズTシャツを購入してしまった過去があります。

 

ちなみにパッカーズ(缶詰め屋)というのは、チーム黎明期に缶詰め業者が出資していたからなのですね。うーむ適当。国鉄の特急「つばめ」から「国鉄スワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)」になっちゃったくらい適当。

 

・・・野球好きの血が騒いだようです。閑話休題。

 

 

ボルティモア・レイブンズ(AFC北)

ボルティモアは有名な都市ですが、そこにフランチャイズを置くのがレイブンズ。日本ではレーベンズなどと表記したりもします。

かのエドガー・アラン・ポーがここに住んでいた時「ザ・レイブン(大ガラス)」という作品を書いたのにちなんだネーミングです(ここも適当だな)。

過去には同じAFC北のクリーブランド・ブラウンズ(後述)が移転する際に、チームの歴史も名前もクリーブランドに残して新しくボルティモアに移転してきたわけで、名前は変わっても旧ブラウンズの流れをくむチームと言えるでしょう。

nfl_a_flacco_j_600

QBのジョー・フラッコは、一昨年のスーパーボウル制覇で一流QBの仲間入りをした、などと評されたりもしますが、上述のアーロン・ロジャースがバズーカみたいな直線的な弾道のパスを投げるのに比べ、フラッコは迫撃砲のような、いったん滞空して着弾する感じのパスが多いです。そういうプレイスタイルの違いも楽しみ方のひとつとして見逃せません(田宮模型ふう)。で、

 

クリーブランド・ブラウンズ(AFC北)

近年はとりたてて言うことの無い成績ですが、全32チームで唯一、ヘルメットデザインがただの茶色に帯があるだけで、チームロゴがありません。これはクリーブランド(近郊)がフットボール発祥の地とされ、その当時の伝統にのっとっているからです。

images

なお前世紀末に一度、2年ほど休止期間がありますが(レイブンズとして移転したため)、新生ブラウンズはほどなく活動開始して現在に至ります。

チーム名のブラウンズは、初代ヘッドコーチのポール・ブラウンに由来します。が、ポールはその後チームを去ってしまいました。去ってどうしたかというと・・・

 

シンシナティ・ベンガルズ(AFC北)

「打倒ブラウンズ」てなもんでポール・ブラウンが新たに創設したのがベンガルズ。名前は昔シンシナティにあったフットボールチームのものですが、何でも街の動物園でベンガルトラが名物だったことに由来するとか。最近は毎年のようにポストシーズンに駒を進めておりますが、毎年のように初戦敗退で、ちょっと大舞台に弱いんじゃないかと言われているのがQB

NFL: Baltimore Ravens at Cincinnati Bengals

アンディ・ダルトン

 

です。ただ新人の年から3年連続ポストシーズンに進んでいるわけで、今後の成長に期待、としていいんじゃないかと個人的には思います。

ダルトン本人は赤毛でなかなか向こうっ気の強い表情といいますか、いかにもネコ科の野獣らしい表情で、ベンガルズの司令塔として似合っている気がします。が、以前何かで見た奥さんが超美人でクヤシイので褒めるのはこの辺にしておきます。

 

このようにAFC北地区は4チーム中3チームがブラウンズ絡みの歴史を持っていて、個人的にはブラウンズ地区としてもいいような気がしますが、もう1チームが古豪のピッツバーグ・スティーラーズなので、いかんともしがたいですな。

 

シアトル・シーホークス(NFC西)

昨年度スーパーボウル覇者。QBのラッセル・ウィルソンは過去に野球のマイナーリーグにいたこともある変わり種ですが、昨年度は繰り返しになりますが

 

38-35-db7

ということで強い。強いがしかし、実は毎年のように地区優勝を争っているのが、

 

サンフランシスコ・フォーティーナイナーズ(NFC西)

こちらのQBはTDパスが決まると(得点すると)自分の腕にキスするパフォーマンスが特徴的な、コリン・キャパニック(ケイパーニックとも)。

Colin-Kaepernick-24

QBというと、ロールモデルといいますか、強く正しい正義の味方、みたいなイメージが強いらしく、キャパニックのようなタトゥーは基本的にはご法度、なんですが、そして実際そういう指摘も受けたらしいのですが、彼の父いわく

「あれは聖書の一節を入れている」

とのことで、最近は問題視する人もいないようです。またその父というのが厳密には養父であるとか、ちょっと複雑な生まれの選手ですが、そういう意味でも夢を与える存在ではないかと思います。

 

デンバー・ブロンコス(AFC西)

ここのQBがまた伝説的存在のペイトン・マニング。コルツ時代にスーパーボウルを制しており、首の怪我から復帰してまたブイブイ言わせております。

(ブロンコスというとティム・ティーボウが浮かんだりもしますが)

Eagles Broncos Football

アーロン・ロジャースと並んで、現役最高峰のQBと呼ばれることも多いですね。

実弟のイーライ・マニングもNYジャイアンツで2度スーパーボウルを制してたり、実は御父上もNFL選手だったり、なんなのこの一家。

 

 

————————————————–

 

全チームそれぞれに特徴があって面白いのですが、全部ご紹介するのは僕がキモチイイだけ紙面の都合上省略しましてですね、

 

チームの名前とかロゴがかっこいいからそこ応援するもんね、くらいのテンションで大丈夫だと思うので、一度ご覧になってみてはいかがでしょう。

NFLチーム一覧リンク

史上最高の視聴者数を記録したブルーノ・マーズのハーフタイムショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.02.10|☆KAYA☆

月曜日は☆KAYA☆です。

今年もやってきましたスーパーボウル!!!!

これまで3年にわたり、日本ではまだまだ認知/人気の低い

スーパーボウルの魅力やタダで見れる世界最高峰のエンターテイメントショー

について取り上げてきました。

2011年、ブラックアイドピースのハーフタイムショー+平均視聴率46%

2012年、マドンナによる「地球上最高の番組のための地球上最高のショー

2013年、カリスマ選手レイ・ルイスの引退、ディスチャ復活!

おっとその前に、スーパーボウルの試合そのものについてですが、

開始12秒で決着がついたと言われる程、シーホークスの圧倒的勝利でした。

そして、今回のハーフタイムショーはBruno Mars(ブルーノ・マーズ)

と伝説的ロックバンド、レッド・チリ・ホットペッパーズ!!

異色な2組ですし、ブルーノマーズに付いては日本での知名度は今ひとつ。

歴代のハーフタイムショーに比べるとブルーノマーズには

まだ早いのでは?という声も上がっていました。

しかし、1曲目からスタジアム全体大合唱!史上最高の視聴者数を記録しました!

現地時間2日に米ニュージャージー州にて開催された第48回スーパーボウル(NFLの優勝決定戦)で、ブルーノ・マーズとレッド・ホット・チリ・ペッパーズが出演したハーフタイムショーが、全米で歴代最高の視聴者数を記録したことが明らかになった。

今年のハーフタイムショーは全米で1億1530万人が視聴し、2013年のビヨンセ(1億1080万人)や2012年のマドンナ(1億1400万人)による記録を上回った。MTV

2013年のもっとも成功したアーティスト「ブルーノ・マーズ」とロックバンド「レッド・ホット・チリペッパーズ」(以下、レッチリ)の夢の共演であった。そのステージは「過去20年で最高のハーフタイムショー」と、ネット上で称賛されているのである。(ロケットニュース

・2013年、もっとも違法ダウンロードされたアーティスト

ブルーノは2012年10月発売のシングル『Locked Out Of Heaven』が世界的なヒットとなった。実は2013年、もっとも違法ダウンロードされたアーティストが彼なのである。これはひとつの人気の裏付けといって良いだろう。

・いきなりボルテージマックス!

ハーフタイムショーは、推定で1億人が視聴していると言われている。その時間帯のスポット広告は、30秒で457万ドル(約4億6700万円)なの だとか。それだけに、人気と実力を兼ね備えたアーティストでなければ務まらない大役である。今回ブルーノは、爆発的ヒットを達成して『Locked Out Of Heaven』でステージをスタート。いきなり一曲目から観客のハートをがっちりとつかんだ。

・レッチリ登場で圧巻のステージ

そして3曲を終えたときに、突然レッチリが登場。まさかというタイミングだっただけに、会場は興奮の渦と化した。そしてそのままの勢いで、レッチリ の名曲『Give It Away』が炸裂。ブルーノバンドのホーンセッションとの演奏は圧巻の一言に尽きる。現地にいなくてもその興奮は、カメラ越しにビリビリと伝わってくるの である。

「過去20年最高のショー」、この評価は決して大げさなものではない。おそらくこの先も、語り継がれる名演ではないだろうか。(ロケットニュース

というふうに、2013年は大活躍で、各メディアで絶賛されたブルーノマーズ。

スーパーボウル以後は数曲が再度ヒットチャートにランクインしました。

これほどまでに一気にスターになった彼だが、

その前は出身のハワイにてホームレス同然の生活をしていたという。

父はニューヨーク市ブルックリン区出身のプエルトリコ系のPeter Hernández、母はフィリピン出身のBernadette “Bernie” 。6人兄弟。音楽一家で育った為、幼少の頃からレゲエ・ロック・ヒップホップR&Bを織り交ぜた音楽に親しむ。プロレスラーのブルーノ・サンマルチノのように太った子供だったことから、2歳の時に父親に「ブルーノ」とあだ名を付けられる。(wiki

ブルーノはいつもウクレレと大麻や薬物を手にし、

ホノルルの海辺で弾き語りをしていた。

そこでハワイの有名ブランド88teesの社長に見いだされ、

経済的援助を受け更正していく。それも、彼の才能があったからだ。

高校卒業後L.A.に移住し、プロデューサー・チーム=ザ・スミージントンズを結成。 ’09年にフロー・ライダー「ライト・ラウンド」(全米1位)を手掛け人気チームとなった彼は、10年にシンガーとして B.o.B 「ナッシン・オン・ユー」(全米1位)やトラヴィー・マッコイ「ビリオネア」(全米4位)に客演。10月には自身の1stアルバム『ドゥー・ワップス& フーリガンズ』を全米発売。1stシングル「ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー」(全米4週1位)、2nd「グレネイド」(全米4週1位)、3rd「ザ・ レイジー・ソング」(全米4位)とヒットを連発。(ワーナー

11年の第53回グラミー賞では6部門でノミネートされ、見事「最優秀男性ポップ・ヴォーカル賞」を受賞
11年秋には映画『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーンPart1』に新曲「イット・ウィル・レイン」(全米3位)を提供。プロデュース&客演で も、シーロー・グリーン「ファ★ク・ユー」、スヌープ・ドッグ&ウィズ・カリファ「ヤング・ワイルド&フリー」等を手掛け、12年の第54回グラミー賞で は“2年連続6部門ノミネート”という快挙を達成。IFPI(国際レコード製作者連盟)発表による「2011年 世界デジタル・シングル売上TOP10」では、「ジャスト・ザ・・・」が1250万ダウンロードで1位、「グレネイド」が1,020万で2位、「ザ・レイジー・・・」も650万で10位、とTOP10に3曲を送り込む快進撃。和み系の美メロと爽やかな美声で世界を席巻するブルーノ・マーズは今や“世界No.1メロディ・メイカー”として不動の地位を確立しつつある。 (ワーナー

自ら「惚れやすい性格で。。。」と語る彼のラブソングは絶品である。

歌がうまく、ピアノ、ドラム、ギター、ダンスと何でもこなすアーティスト。

そして彼の才能を一番感じるには生でそのショーを見る事以外他に無い。

今年4月に待望の、日本来日公演が行われる!

ブルーノ・マーズが、2014年4月に待望のジャパン・ツアーを開催することが明らかになった。日本オフィシャルサイトによると、11月にワールド・ツアー「THE MOONSHINE JUNGLE TOUR」の北米公演及びヨーロッパ公演を終えたマーズは、2月下旬からオーストラリア、ニュージーランドなどをまわるオセアニア・ツアーを行う予定で、日本公演はその後の4月に行われる。来日公演に関する詳細はクリエイティブマン公式サイトにアクセス。(MTV
残念ながらすでに関東公演はソールドアウトだが、
コネがある人はそれをフル活用してででもチケットをゲットした方が良い。
残り少ないが大阪公演にまで足を運ぶのもアリ!

スポーツチームの名前、またしても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.10.15|umiushi

 

こんにちはおはようございます。

野球はアメリカも日本も宴たけなわといった状態で、アメフト、ホッケーも順調にシーズンが進み、バスケもNBAが今月末開幕となりますと、

 

「『おらがチーム』が欲しいなあ」

 

などという脳みその少年部分が鎌首をもたげるわけですが、

(少年部分しかないという噂もありますが)

 

むかしサカつくで郷里の長野県飯田市を拠点とするチームを作り、あえなく一年で経営破たん、おかげで起業には向いていないことが分かりましたumiushiです。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

 

誰も得しないイントロから急転直下。

 

定期的にやりたくなるネタが「チームの名前」でして、営業でお百度を踏むごとくまたやってしまうのです。

 

早速ですが以前作ったリストをご覧ください(修正あり)。

 

アメリカ

前回とは間違い探し程度の違いしかありませんし、なにより、

 

わし、にほんじんだった

 

ということでご覧じろ、

 

日本

 

アメリカと同じ競技をそろえられれば良かったんですが、日本でまずスポーツリーグったらこれだろ、とわたくしが思うものをリストアップしました。

 

まず気付くのはサッカーチームの豊富さですね。これは当初からJFLは分けないとスゴイ量になる、と分かっていたので、J1J2と別にしました。それにしても多いな・・・

 

Vリーグはプレミアリーグ制度になっており、表ではチャレンジリーグも混ざってますが、男女の別のみ表記しております。なお女子が先なのは公式サイトに従ったものです。さすが東洋の魔女の末裔たちですね。

 

バスケに関しては、両団体でえらくゴタゴタがあってやっと雪解けに向かってきた、という状態のようですが、

そんなもん知らん!バスケはバスケ!

 

と、信州人の血(最も一揆が多かった)が騒いだので一緒にしました。

 

こうしてみると、チーム名の作り方にはいくつかの系統がありそうです。もちろん複合していろいろな由来があるのでしょうが、ざっくりとみてみるとこんな感じですかね、ということで、

 

一覧より順不同、umiushiセレクションにてご紹介します。
(マジかよ・・・)

 

‐‐‐‐‐‐‐‐

 

 

まっとうに強そう系

 

スポーツなんで、やっぱり普通は強そうなチーム名にすると思うんですよ。

 

・ペイトリオッツ(NFL)

にゅーいんぐらんどぺいとりおっつ!と語呂もばっちりでございます。アメリカ開国の東部と愛国者の名前を冠しており、実際21世紀はアホほど強い。リーグ公式サイトいわく

「アメリカ独立の地にそびえる21世紀のエリートチーム」

 

・ファイターズ(NPB)

いや、戦士たちですよ?フツーに強そう。今年はやらかしましたけど、近年のパシフィックリーグは戦国時代なので仕方無いでしょう。

 

・ライトニング(NHL)

稲妻!

ギガデインでもサンダガでもいいですが、男心くすぐりまくり、問答無用の自然現象でございます。

 

・ウィザーズ(NBA)

魔道師ですよ?変幻自在のシュート連発しそうで、パワープレイとも違うアヤシイ魅力に満ちた名前です。

 

‐‐‐‐

 

 

ちなんでみました系

フランチャイズの名物などにちなむことで、おらがチーム的愛着も増しますよね。

 

 

・レイブンズ(NFL)

愛称の由来はボルチモアにゆかりのある作家エドガー・アラン・ポーの「ザ・レイヴン(大鴉)」で、チームマスコットは3羽のワタリガラス。名前はそれぞれエドガー、アラン、ポー。

ということで。

 

・フォーティーナイナーズ(NFL)

奇しくも昨年のスーパーボウルチームが並んでしまいましたが、

 チーム名の「49ers」は、1946年にチームがAAFCのフランチャイズとして誕生した際につけられた。1849年の「ゴールドラッシュ」期に、一攫千金を求めてサンフランシスコに集まった人々の開拓者精神と冒険心に敬意を表するためこの名が採用された。

(山師みたいな)先人に敬意を表しておるわけですね。NBAですと

 

・セブンティシクサーズ

も、

チーム名は1776年にアメリカ独立宣言が、当時の首都であったフィラデルフィアで行われたことに由来する。

同様の発想ですね、というか

フィラデルフィア・セブンティシクサーズの歴史は長く、1937年ニューヨーク州シラキューズで設立されたシラキューズ・ナショナルズに遡る。

と,49ersよりこっちのが古い。

 

 

・ナゲッツ(NBA)

チーム名のnuggetとは塊を表す。金塊を指し、ゴールドラッシュの舞台となった西部のイメージを表している。

49ersと一緒ですが、ブツのほうに焦点を当てたわけですね。

 

 

‐‐‐‐

 

ちなんでみました系もじり派

 

・ビルズ(NFL)

 チーム名の「ビルズ」は、1960年にチームが創立された際に、1940年代にバッファローに存在したプロフットボールチームの名前にちなんで採用され た。元々は、西部開拓を成し遂げた伝説的人物、バッファロー・ビル・コディーに由来しており、ニューヨーク州西部のスポーツの開拓者になるという夢が込め られている。

ちょっともじってみたというより、人の名前ほぼそのまんまなわけですが、致命的なのは、バッファローという街の名前のほうが圧倒的に強そうなところであります。ビルズって何だよ。

 

・コンサドーレ(J)

チーム名の「consadole(コンサドーレ)」は公募で決定したもので、道民である道産子(どさんこ)の逆さ読みに、ラテン語の響きを持つ「-ole(オーレ)」を組み合わせたもの

逆読みでチーム名をつけるというのはなかなか盲点だったんではないでしょうか。すごくソレっぽい語感だし。

 

・エヴェッサ(bjリーグ)

チームの源流は2004年に発足したバスケットボール界初の特定非営利活動法人・「大阪ディノニクス」である。当初bjリーグにはその大阪ディノニクスとして登録する予定であったが、運営母体の資金的問題によりメインスポンサー「ヒューマン」を主体として、大阪を代表する商売繁盛の神様・戎様(えべっさん)をニックネームにした「大阪エヴェッサ」として参加することになる 

まんまやないかい!とはいえ関西のチームがここに入るのは当然というか、入ってほっとしているのが正直なところ・・・

 

・ハンナリーズ(bjリーグ)

 チーム名・「ハンナリーズ」(HANNARYZ)とは京言葉である「はんなり」からの造語であり、スポーツコミュニケーションKYOTOのスタッフが考えた500件近い候補から採用された。「はんなり」とは上品で明るく華やかなさまという意味であり、京都文化の継承に役立ちたいとしている

・・・まさか京都のほうが大阪よりそのまんまとは思わなんだ。

 

‐‐‐‐

 

もう開き直った派

 

・ドジャース(MLB)

 チーム名の由来は、ニューヨークのブルックリン地区に本拠地を置いていた時代に、路面電車が極めて多かったブルックリンの住人の呼び名 「路面電車をよける (dodge) 人たち」 を表す 「トローリー・ドジャース」 から名付けられたといわれている。

というのが一般的で、しかしわたしが昔聞いたなかでは、

あるいは、ブルックリン地区では路面電車の外にぶら下がってタダ乗りをする人が後を絶たなかったため、「トローリー・ドジャース」とは「路面電車をタダ乗りするずる賢いやつら」という意味であるとする異説もある。

どちらにせよ、特に後者だといいイメージの単語ではないわけですが、

 

・パイレーツ(MLB)

チームはオーナーの交代を機に1887年にナショナルリーグに鞍替えし、1891年には「パイレーツ」と改名する。これは1890年のプレイヤーズ・リーグの創設と解散の混乱に乗じ、当時のフィラデルフィア・アスレチックスの二塁手だったルー・バイアーバウアーと、ワシントン・ナショナルズの捕手だったコニー・マックをこっそり引き抜いたことで、相手側から「盗人行為」と批判を受け、それを当時のオーナーウィリアム・A・ニミックが開き直って、自らをパイレーツ(=海賊行為者・略奪者という意味)と名乗ったのが始まりで、今日に至るという。

には負ける。日本のプロ野球でもストーブリーグに入るとTとかGとか・・・ゲフンゲフン

 

‐‐‐‐

 

特筆すべき合併症併発派

 

・スサノオマジック(bjリーグ)

チーム名は、出雲神話ヤマタノオロチ伝説に登場する「スサノオ(素戔嗚尊)」に、英語の「魔法魔術」を意味する「マジック(magic)」を組み合わせ、チームに出雲の神々の不思議な力が宿るイメージで名づけられた。

島根のプロチームなんで、日本神話にちなんでスサノオ、は分かるんですよ。でもマジックがついちゃった時点でギャグとも違うんだけど何だか・・・

とはいえ、意外にかっこよくて中二病が完治していない筆者としては嫌いじゃなかったりする。しかし・・・

 

・カマタマーレ(JFL)

 クラブ愛称の「カマタマーレ」(Kamatamare)は釜玉うどんとイタリア語でを意味する「マーレ (Mare)」を合わせた造語で、讃岐は香川県の旧国名である。エンブレムは、黄と水色の縞模様の上にうどん、中央には卵の黄身をイメージしたサッカーボールがあしらわれている。

ちなんでみました系もじり派をこじらせて開き直った派を併発した珍しいケース。釜玉うどんの海なんて讃岐人の理想なんではなかろうか。

 

で、競技にもよりますが、日本では経営母体の名前がつく場合も多いですが、

 

 

・警視庁フォートファイターズ(Vチャレンジ)

合併症というか、頭に「警視庁」がつくのは反則なんじゃなかろうか。強そうなのは当然として、何かこう法の番人としてスゴイ技使いそうな。しかも何だかチーム名も強そうだぞ・・・?

当チームは、警視庁機動隊に属する「特科車両隊」にその拠点を置いている。
機動隊の職務は、国の重要施設を守る任務等に日ごろ従事しており、その姿は、まさに「治安の砦」としての活躍である。
この「治安の砦」である選手たちが、バレーボールを手にする姿は、「戦う砦」であり、その姿をたとえ「警視庁フォートファイターズ」と名付けられた。

 

それを言うなら「ファイティングフォーツ」にしないと文法おかしいんじゃないか、と私の内なる悪魔が申しております。チーム全体をひとつの砦と見立てて単数で「~フォート」でも良い気がしますけど。

フォートファイターズじゃ「砦で戦うヒト」になっちゃいそうだし、そもそも砦の使命はファイターというよりガーディアンとかディフェンダーとか・・・

 

中二病再発につき強制終了します。

身近にもいますが、おまわりさんいつもお疲れ様です。

 

‐‐‐‐

 

じゃあオレも、系

 

・ジャイアンツ(NFL)

 チーム名の「ジャイアンツ」(巨人)は、チーム創設当時にニューヨークにフランチャイズを置いていたMLBチーム「ニューヨーク・ジャイアンツ」から拝借 したもの。当時は珍しいことではなかった。現に、NFLにはかつて、「ニューヨーク・ヤンキース」「ブルックリン・ドジャース」「デトロイト・タイガー ス」といったフランチャイズが存在したことがある。

まだMLBのジャイアンツがニューヨークにいたころ、そのままいただいてフットボールチームの名前にしちゃったわけです。NPBのジャイアンツ、タイガースもそれぞれMLBからいただいております。これをいただくんでなく組織的にやると、

 

・アルビレックス軍団(新潟)

サッカーもバスケも野球も、ぜーんぶアルビレックス。表にある怒涛のアルビレックス攻勢は圧巻です。

 

 白鳥座の中でひときわ輝くオレンジとブルーの二重星が「アルビレオ」。新潟には白鳥が多く飛来します。この白鳥をキーキャラクターに、オレンジには新潟の 美しい夕日、ブルーが日本海の美しさが、それぞれ連想できるという3つの理由から、前身となる「アルビレオ新潟」が命名されました。その後、Jリーグ会員 の条件の一つである「チーム名称条件」をクリアーするためにチーム名称を変更する事に決定。県民投票に委ねられた結果、アルビレオがさらにパワーアップ し、サッカー界の王者に向かって羽ばたいて欲しいという願いを込めて「アルビレ(アルビレオ)」+「レックス(ラテン語で”王”)」=「アルビレックス新 潟」となりました。

 

由来はすげえウツクシイですな!ウインタースポーツやランニングチームなんかもあるらしいですが、新潟ではやっぱり競技名で呼び分けてるんでしょうか?

 

 

で、最後に「じゃあオレも系」をもうひとつ、

 

・ネッツ(NBA)

チーム名のネッツはバスケットのゴール(ネット)の意味を持ち、創設時に同じニューヨーク市にあったMLBのメッツ、NFLのジェッツと韻を踏んでいる。

 

落としようのない話なので、まさかの以前と同オチにて失礼いたします。

東京オリンピック招致決定おめでとう!でも俺はアメフトが好きなの!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.09.10|umiushi

おはようございますこんにちは、umiushiです。

 

「火曜の社長の記事はオリンピック関係の熱いやつに違いない」

 

という、私も含めた大方の予想をブッちぎって開幕直後のアメフトについて申し述べてしまうのです。

(写真はタンパベイバッカニアーズ対ニューヨークジェッツより)

NFLの開幕戦が先週行われまして、昨季最高勝率のデンバーブロンコス昨季の王者ボルティモアレイブンズを下しました。まさにじゃじゃ馬が大暴れしてカラスは寝床に帰ってしまった次第であります。

 

当ブログでも、今までに散発的にはアメフトをご紹介いたしましたが、

平均視聴率46%!!!!

アメリカンフットボールが楽しい

Super Bowl 2012のまとめ!!

Super Bowl 2013の見所をおさらい。

 

いつもスーパーボウル(※)前後のタイミングだったので、今年は開幕直後に触れてみたいと思います。
(※野球で言うとワールドシリーズ、日本シリーズですね)

経験者に言わせれば違うんでしょうが、(ホットドッグやバドワイザー片手に)へらへら観ている身からしますと、「一回だけ前に投げていいラグビー」だと思えばそんなに遠くないと思います。

 

ただそこはアメリカ合理主義、ポジションごとに役割分担が明確(※2)かつ変なとこが細かいため、ルールを紹介する能力がありません気にもなりません。

※2 以前見た試合前のキャッチボールは、2人のクォーターバック(QB、試合では投げる人)で行われておりまして、それだけなら野球と同じなんですが、実は各QBの横にそれぞれワイドレシーバー(WR、試合では捕球する人)がいて、WRが向こうのQBの投げた球をキャッチして、横にいる自分方のQBに渡していました。うーむ分業しとるな・・・

 

そこであくまでイメージですが、たとえば花形ポジションであるQBなどは、


(写真はグリーンベイパッカーズのアーロン・ロジャース)

総合的な運動能力、判断能力、リーダーシップなど、スポーツマンとしてあらゆる要素が要求される花形のポジションであり、近代スポーツの中でも最も習得の難しいポジションの一つであるといってよい。

 

だそうです。野球でいえば監督代行兼四番ピッチャー、しかも普通はキャッチャーが出す指示やサインを全部自分で出すくらいのフル回転でございます。


そういえば監督兼四番キャッチャーで三冠王っていうマンガみたいなヒトもいましたね・・・

 

 

激しく閑話休題。

 

僕も北の缶詰め屋もといグリーンベイパッカーズのTシャツを思わず買ってしまいましたが、

着てみると顔および腹のしまりが無いためパイラ人と化してしまいました、押忍。

 

 

 

さらに閑話休題。それだけ花形ですと、いわゆるスクールカーストでも頂点でしょうね。

‐‐‐‐‐‐‐‐

 

さて、日本人的感覚ですと、出る杭を打つじゃないですが、スポーツでも何でも、特に甲子園なんかあえてヒーローをぼやかしたがる気がしますが、


エースは誰でしょう?

 

その辺アッチはアメリカンドリーム炸裂で、本当のヒーローは本気でリスペクトする気質のようで、たとえば特捜戦隊デカレンジャーの日本オリジナルはこちら、

 
我ながら話が飛ぶのう・・・

センターのレッドがリーダーなのは分かりますが、特に他メンバーと違いはありません。しかしアッチの吹き替え版、パワーレンジャーSPDですと、

 

 

とまあ、リーダーたるレッドだけ特別装備アリなど、露骨に別格扱いでございます。

 

 結果的に閑話ではなかったけど休題。

 

そういう露骨なアメリカらしさ満載なNFL、NHK‐BSですとご覧になりやすいと思います。ちょっと試合時間が長いので、録画してピザでも食いながら眺めると意外とハマりますよ。

Super Bowl 2013の見所をおさらい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.02.11|☆KAYA☆

月曜日は☆KAYA☆です!

今年もやりますSuper Bowl 2013レポート!!

今年の見所は、ずばり以下3点でした。

①両チームのヘッドコートがなんと兄弟!激戦の兄弟対決となった。

②伝説的カリスマ選手レイ・ルイスの引退戦を勝利でおさめる。

③史上最強グループDestiny’s Childがハーフタイムショーにて完全復活!

決勝は、5度の優勝を果たしているジム・ハーボーヘッドコーチ率いる名門49ersと、

対するはジョン・ハーボーヘッドコーチ率いるレイブンズ。

(このヘッドコーチの兄弟2人。とってもイケメンです)

試合は終止レイブンズ優勢で進んで行った。

しかし第3クォーター中に34分の停電が発生すると、

試合の雰囲気は49ersへと変わり、点差が縮まって行く。

米プロフットボールのNFLは20日、アトランタなどでプレーオフのカンファレンス決勝を行い、ナショナル・カンファレンス(NFC)はフォーティナイ ナーズ(49ers=西地区1位)が、アメリカン・カンファレンス(AFC)はレーベンズ(北地区1位)がスーパーボウル(2月3日・ニューオーリンズ) に進んだ。

49ersはファルコンズ(南地区1位)に28―24で逆転勝ちし、18季ぶりの進出。0―17から追い上げ、21―24 だった第4クオーターにRBゴアが決勝のTDを決めた。レーベンズはペイトリオッツ(東地区1位)にQBフラッコが3TDパスを決めるなどし、28―13 で快勝した。

レーベンズを率いるジョン・ハーボー監督と、49ersのジム・ハーボー監督は兄弟。昨季はともにカンファレンス決勝で敗れたが、今回は見事に勝ち上がり、スーパーボウルで史上初の兄弟監督対決が実現することになった。(共同)(スポニチ

レイブンズに長年実を捧げて来たカリスマ、レイ・ルイスが

スクリーンに映し出されると、会場からその都度大きな声援が上がる。

レイは怪我と手術を機に、引退を表明、その後チームを引き上げ、

宣言通り、スーパーボウルまでレイブンズを連れて来た。

では、なぜレイはカリスマなのか。女は彼のワイルドさと正義感に惚れ惚れし、

それでいて男が憧れる男像である。

彼が気合いを入れる時にする”レイ・ルイス・ダンス”も有名だ。

彼はチームメイトに激を飛ばす、よくわからないけどすっげーかっこいいこと

言っているらしい。ぜひこのムービーを見て欲しい。

やはり、今回のスーパーボウルは、このレイ・ルイス無しには語れず、

彼の存在無しにはレイブンズは優勝出来なかったし、

名門49ersの負けはいくぶん仕方ないようにも見えました。

レイブンズファンには涙を誘うようなシーンも多々。

実はレイ、怪我の手術をして以来全盛期程の運動量が出来ていません。

もちろんラスト4クウォーターなんて、足が動かず試合には足手まといなシーンも。

しかしそこは、レイがまとめあげたチーム。全員はレイのラストゲームのため、

レイを立て、フォーローに入ります。この男の絆、女には感動的でした。

次いで私が”タダで見れる世界最高のエンターテイメント”と賞する

ハーフタイムショーについてです。今年はBeyonce!!!

グラミー賞も取ってるし日本でも大人気なのでご存知でしょうが、

このBはDestiny’s Childというグループとしてデビューしました。

当時は、うーんと日本で言うSPEEDみたいなもんでした。

地元の友達で結成したデスチャは、特別可愛い訳でもなく、ダンスも下手。

そんな彼女達がスーパーボウルに上り詰めるまでを書きたいと思います。

スーパーボウルハーフタイムショーに出演するという事は、

マイケルジャクソン、マドンナ、U2などに並ぶ全国民に愛される

ポップ・アイコンだと言う事が絶対条件。

実は地道に下済みを経験していたデスチャは、やっと1998年チャンスに恵まれ、

人気映画メン・イン・ブラックのサントラにデビューシングル

「ノー・ノー・ノー・パート2」が収録される事になったのです。

ね?田舎の女の子達って感じでしょ?SPEEDって感じw

その後何度かのメンバー編成を遂げ、出す曲は全て爆発的大ヒットを飛ばした。

  

  

ビヨンセとケリーはソロ活動でも大ヒットを飛ばした。

Diemma feat Nelly                                  Crazy in love feat Jay-Z

  

ソロ活動が活発化すると、やはりデスチャは解散を宣言しました。

その後もビヨンセはソロで活躍を続け、極め続けました。

しかしきっとこのハーフタイムショーを熟知し、ビヨンセを知っている人は

同じ事を思った事でしょう。「ビヨンセ1人で間が持つのか?」

「ビヨンセにはまだ早すぎるんじゃないか?」

そこで浮上したのがデスチャ復活説でした。

その前からデスチャが密かにレコーディングを進めているという話が

一部の報道で出回っていた為、この説の角度が高まりました。

では、デスチャ復活の今年のハーフタイムショーをご覧下さい!!!!

去年のマドンナに比べれば、やはり落ちる部分は多々ありますが、

視聴率はアメリカ歴代第3位を記録したそうです!

レーベンズとフォーティナイナーズ(49ers)の一戦は停電で34分の中断に見舞われたが、この間も約1億660万人が視聴し、大きな影響を及ぼさなかった。視聴率は46・4%だった。

スーパーボウルは2011年に1億1100万人で米テレビ視聴者記録を塗り替え、昨年は1億1130万人と記録を更新していた。(47news

さて、来年のスーパーボウルのカードはどのチームでしょうか。

ハーフタイムショーは誰でしょうか?

今年の同番組の視聴者数は約1億800万人で、マドンナがハーフタイムショーで最高視聴率を獲得した2012年、ザ・フーがパフォーマンスした2010年に続く、歴代3位の視聴者数を獲得した。(Walkerplus

 

 

1 2 3


Goods工房.comをオススメする理由

無料サンプルのお申し込みはこちら

カテゴリ

アーカイブ

お電話でのお問い合わせ
03-6277-3248 / 営業時間 10:00~18:00
フォームでのお問い合わせはこちら

いいね!を押してお得な情報をゲット!Facebookページ